2013年06月22日

移動用の クレート訓練 始めました (*^^)v

ショコラはケージで過ごす訓練をされている子でした家

お迎え当初、クンクン泣きはしたものの、無視すれば静かにケージで過ごしてくれて助かっていました。

今ではトイレもほぼ失敗がなくなったので、夜中から朝まではケージで、それ以外はショコラのフリーゾーンで自由に過ごしています。

ただ、移動用の小さなキャリーバッグタイプのクレート訓練はまだしていなかったので、そろそろ訓練を始めようかと挑戦していますグッド(上向き矢印)

移動や災害時にクレートで過ごせる訓練をしておいたわんちゃんは、静かに我慢できるそうですが、訓練していない子はクレートに入れる事がとても怖かったり、ストレスでおかしくなってしまうそうなんです。

訓練していてもずっと狭いクレートはきっとつらいはずです。
でも、少し慣れていてくれれば、そのストレスを軽減はさせてあげられるとは思うんですよね。

と言う訳で、ショコラも気長にクレート訓練する事にしました。
最初は怖がって小さなクレートに入ってくれなかったショコラふらふら

クレートの天井を開けてご褒美のエサで誘導して、まずクレートは怖くないと教えました。
今はクレートの天井は閉じていても大丈夫です手(チョキ)

まず、「ハウス」というコマンドを言いながら、クレート内にご褒美で誘導(写真ブレブレですみません)

018.JPG

クレートに入ったらご褒美。そして、ドアを閉める。

021.JPG

しばらく「待て」。 じっと堪えています。

020.JPG

伏せで待ってますね。

022.JPG

待てたら出してあげてご褒美exclamation を毎日続けています。

062.JPG


最初は5秒から始めて、10秒、20秒とだんだん時間を長くしています時計
今はやっと1分位は我慢できるようになってきました目

それ以上長いと、ドアを前足でカシャカシャひっかき始めます。
まだまだ気長に訓練を続ける必要がありますが、まずはクレートに入る事に慣れてもらっています。
自分から入って寛げる場所になるのが一番良いとは思うのですが、まだ自分からはなかなか入りません。

それでも、怖がらずに入ってくれるようになっただけでも、今は良しexclamationです。
少しずつ時間を長くしていけるように、あせらず気長にがんばります!(^^)!



にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
にほんブログ村

posted by ショコラ at 12:16 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ(トイレ以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする