2019年06月29日

膝蓋骨脱臼悪化について と 術後経過

パテラ(膝蓋骨脱臼)手術の経過、続きです。

前回記事を読んで、ショコラへのお見舞いのメッセージをいただきどうもありがとうございました(*^_^*)
ショコラは順調に回復中です♪
ご心配いただきありがとうございます。

最初にパテラ(膝蓋骨脱臼)悪化について。

パテラの悪化の原因は様々な事が考えられますが、お医者様の推察では、おそらく、遊んでいて急ブレーキをかけた時、急にターンした時などに、膝の内もも側の靭帯が伸びたか損傷があり脱臼するようになったのだろうと。

それ自体はそれほど重症ということではないので、パテラが悪化しても気にしないで歩いてしまったりスキップやケンケンで乗り切ってしまう子もいます。

ショコラの場合、もも外側の筋肉が普通の子に比べてとても強く太いので、もも外側の筋肉にとても強く引っ張られてお膝がズルッと外れやすくなり、おそらく歩くたびに膝カックン状態。
その感覚がとても嫌で歩かなくなったのではないかとのことでした。

手術はしないという選択肢もありました。
最初のうちは骨が強く擦れるので脱臼のたびに痛む膝も、時間が経つとだんだん痛まなくなるんだとか。
ズルっと外れてしまう膝をかばってケンケンになるか、ぴょこぴょこ歩くようになるか。
だんだん痛みもなくなり、その子自身もだんだん慣れてきて気にしなくなることが多いとか。
確かにケンケンして歩いているような、そんな雰囲気のわんちゃんを見かけたことがあります。

でも、膝が外れやすいことによって前十字靱帯断裂というリスクがあり、その場合、もっと大変な手術になってしまうんだとおっしゃってました。
だから、走ったりジャンプが好きな元気なわんちゃんは気をつけなければいけないと。

そのお話しを聞き、私はショコラの遊び方を考えました。
・ボール遊び、取って来い遊びが大好きなので、どうしても急ブレーキやターンをする。
・ソファや椅子などダメと叱ってもジャンプもしてしまう事がある。
・今回のように、まったく歩かなくなる等、ショコラは痛みや身体の変化にとても敏感。
以上の事を考え、お膝の手術をすぐに決めたという訳です。

なにより、左膝の手術をしてもらったとても信頼しているお医者様なので、右膝もお任せしようと思えました。

退院してからも歩きたがらないショコラ。
痛みもあるんでしょうね。お薬飲んでとにかくひたすら寝てました。

P1300123-2.JPG


トイレはママが抱っこで連れて行くまで自分では移動しようとはしませんでした。
ご飯も欲しそうにしますが、いつもの食事台にお皿を乗せてもじっと見つめているので、抱っこで移動してあげるとパクパク食べてました(^-^;

P1300103-2.JPG


お水はこまめに口元に運んであげてました。
そんな日が3日ほど続きました。

術後はママはお仕事休んで看病に専念していましたが、明日からいよいよお仕事。
そろそろ自分で歩いてトイレやお水飲みにに行ってくれないと…困ったなぁ… と思っていたら、3日目の午後、ひょこっと立ち上がり自分でトイレに移動してくれました。

嬉しくて思わず写真写真!!!スマホを構えて撮っちゃいました。

トイレキャプチャ.JPG

トイレ2キャプチャ.JPG


よかった〜!!!!
ショコラが立った〜♪ショコラが歩いた〜\(^o^)/
ママは大喜び♪
まるでクララが立った時のハイジのように感動したママでした。

P1300130-2.JPG


それから、少しずつですが、ひょこひょことママの方へ向かって歩いて来てくれるようになりました。
今まで歩かなかったのは、たくさん充電中だったんだね〜(*^_^*)



お仕事終わってただいまのあと、エリカラを外してあげて、おやつを食べてママにスリスリ甘えん坊中
自撮りなのでちょっと斜めですが。

甘えキャプチャ.JPG


術後6日目頃には、お仕事から帰ったママをいつも通りお迎えしてくれるようになりました。
まだちょっとぎこちないですが、喜んでお迎えしてくれる姿がいじらしくて(T_T) かわいいなぁ…
(音楽が流れるので音量にご注意ください!)



わんちゃんの回復力は素晴らしいですね。
その後はどんどん歩けるようになってきて、ご飯をおねだりにくるまでに回復しましたよ(*^_^*)

P1300133-2.JPG


というわけで、術後10日後に無事抜糸。
ママのうっかりミスで、ショコラが自分で抜糸してしまった部分があり、その部分だけ治りが遅くて反省(-_-;)
ちょっと傷跡が残るかもと言われました。毛で隠れるから傷跡は見えなくはなるけれど、ママ、大失敗。ショコラ、ごめんね。


P1300203-2.JPG


痛み止め薬や抗生剤のせいで腸が荒れてしまい、術後8日目の夜から血便が出るというアクシデントもありました。
ショコラ、生まれて初めて血便をしました(^-^;
血生臭ささで気づきました。よく見ると便が落ちた部分のトイレシートにうっすら血がついて、便のまわりにも血がついている感じでした。
これについては抜糸の時に相談して、胃腸薬を5日間飲んで無事改善しましたよ。

今回は急なパテラの悪化による手術となり、結局、ショコラは両膝手術。
二度も痛い思いをさせることになってしまいましたが、無事パテラを治療できたのでこれからはお膝が外れる心配をしないで済むのかなとちょっとホッとしています。

ひとつ、結論として言えることは、サプリメントなど、頑張って与えてもダメなものはダメですね(笑)
サプリのおかげで、手術までの期間を伸ばせたのかもしれませんけどね。

ショコラの成長の記録として、そして、膝蓋骨脱臼(パテラ)でお悩みの方や手術をされる方のご参考になればと記事を残しました。

ショコラはどんどん回復中です♪
まだ走り回るのはもう少し先になりそうですが、元気ですのでご心配なく(*^_^*)

P1300200-2.JPG


長々と読んでいただいてありがとうございました(*^_^*)


ショコラの写真をぽちっと応援お願いします♪
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます(*^_^*)♪
メッセージのある方は、お気軽に「拍手コメント」かサイドバーの「メールフォーム」をお使いください。
こちらのブログにメッセージの内容が表示されることはございません。
ブログをお持ちの方は、後ほど訪問&応援させていただきますね。
ブログをお持ちでない方、メールアドレスをご記入いただければ直接お返事可能です。
ブログ、アドレス、いずれもご記入のない方は、次回の記事にてお返事させていただきますね。
いつも嬉しいコメントありがとうございます♪





posted by ショコラ at 01:00 | 東京 🌁 | 膝蓋骨脱臼(パテラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

右膝の手術(T_T) 〜膝蓋骨脱臼(パテラ)手術の記録〜

左膝のパテラ(膝蓋骨脱臼)手術から2年。
ずっとこの日が来ないで欲しいと、サプリ飲ませたり、段差やジャンプに必死に注意していたけれど、パテラ、急に悪化してしまいました。
ショコラ、5月末に右膝の手術をしました。
もう1か月経過していて順調に回復中ですが、記録として記事に残そうかと思います。

異変が起きる少し前まで元気に散歩したりおもちゃで遊んでいたんです。
これは歩かなくなる10日ほど前のショコラ。

P1290389-2.JPG


楽しそうにお散歩♪

P1290404-2.JPG


ツツジのお花でモデルさんしてくれたり、

P1290384-2.JPG


お花の中で笑顔を見せてくれたり、

P1290430-2.JPG

P1290420-2.JPG


玄関前でポーズしてくれたり、

P1290445-2.JPG


P1290435-2.JPG


とっても元気で足を痛がる様子もなかったのに、急に歩くのを拒否するように。

P1290446-2.JPG


食欲もあるし元気そうなのに、急に歩かなくなり、まったく遊ばずに寝てばかり。
トイレもお水もご飯も歩きたくないから我慢しちゃう状態になりました。

左膝の時は震えるほどの痛みで、キャンと鳴いてばかりいましたので、今回はお膝のせいで歩かないとは思わなかったんですよね。
歩かないけど、食欲もあるし、ギャン鳴きもしないし、今回は痛みがなさそうに思えて、そのうち歩くかな…と呑気に構えていたんです。

P1300055-2.JPG


でも、大好きな苺を見せてもじっと動かない。
普段のショコラなら冷蔵庫から出した瞬間にすっ飛んできて私をガン見するのにベッドでじっとしているショコラ。
これはもう普通じゃないなと思いました。

もしかして膝蓋骨脱臼?悪化しちゃったのかなぁ…

P1300052-2.JPG


お医者さんに診てもらったら、やっぱり膝がガリッと外れやすくなってて、歩くたびに膝カックン状態に。
それが嫌で歩かない。

膝蓋骨脱臼レベルがグレード1⇒2に移行し始めとのことでした。
はずれ始めの時は痛みも伴うそうで、おそらくショコラちゃんかなり痛いはずです…と。

そうだったんだ… キャンって泣かないからわからなかったけど、本当は痛かったんだね。
すぐに気づけなくてごめんね。

手術しか治す方法はないということで、即手術を決定し、手術は無事成功。
ショコラ、よく頑張りました。

ここから下、術後の写真になります。
手術で縫ったばかりの傷跡の写真があります。
先生の方針で今回は包帯を巻いていませんので、もろに傷跡が見えてしまいます。
苦手な方はここから先は見ない方がいいかなぁと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは退院直後のショコラ。

P1300106-2.JPG


手術はこれが2度目なので、今回は私も落ち着いて対応できました。

P1300104-2.JPG


今回、先生の方針で、傷口に固定具や包帯などは何も付けずにそのまま帰宅しました。
そのため、少し傷口の部分、写真に写ってしまっています。苦手な方はごめんなさいm(__)m

P1300118-2.JPG


大きな筋肉を切っているので、何も巻かない方が治りも良く、テープかぶれもしないとの事です。
たしかに、前回はテープかぶれで皮膚が真っ赤になり可哀想でしたから、この方がショコラも楽なのかもしれません。
傷口が生々しく痛そうでしたが、痛み止めと抗生剤を飲んで、エリザベスカラーをして、最初の3日間はひたすら静かに寝てくれていました。

P1300112-2.JPG


手術のあとも、歩こうとしてくれなくて、トイレは抱っこで連れていってました。
ご飯も抱っこで食器台前まで連れて行き、お水は口元に運んであげてました。
一度目は退院してきてすぐに歩こうとしていたのに、固定具がないからなのか、今回は歩きたがらないショコラが少し心配でした。

P1300110-2.JPG


手術後の記録。
もう少し続きます。


ショコラの写真をぽちっと応援お願いします♪
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます(*^_^*)♪
メッセージのある方は、お気軽に「拍手コメント」かサイドバーの「メールフォーム」をお使いください。
こちらのブログにメッセージの内容が表示されることはございません。
ブログをお持ちの方は、後ほど訪問&応援させていただきますね。
ブログをお持ちでない方、メールアドレスをご記入いただければ直接お返事可能です。
ブログ、アドレス、いずれもご記入のない方は、次回の記事にてお返事させていただきますね。
いつも嬉しいコメントありがとうございます♪





posted by ショコラ at 01:00 | 東京 ☔ | 膝蓋骨脱臼(パテラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

膝蓋骨脱臼(パテラ)手術C 〜抜糸から現在まで〜

ショコラの膝蓋骨脱臼手術の記録です。
術後の経過写真もあります。
ご興味ない方、不快に感じる方は以下スルーしてくださいね。

P1070234-2.JPG


術後1週間。病院で先生に診ていただき、問題ないとのことで抜糸をしました。
抜糸をした日は、固定具を取ったばかりで傷口がムズムズしたり、テープのあとがかゆかったりするかもしれないので、傷口をしつこく舐めることがないようにエリカラをして過ごすこと。
次の日からはエリカラを取って生活しても構わないとの指示がありました。

無事に抜糸はできましたが、まだ膝の軟骨が不完全なので無理な歩行やジャンプはさせないこと。
外をお散歩は1か月禁止。
シャンプーは1週間後からOKとのことでした。

帰宅して写真を撮りました。

ママもショコラの傷口と初めてご対面。
結構長い傷跡です。まだ痛々しいですね。

P1070306-21.JPG


足の毛は全部なくなってしまうと思っていたのですが、先生が気を遣ってオシャレに残してくれました。
おかげで、上から見るといつも通りのショコラに見えます。

P1070322-2.JPG


毛を剃ってあるのでわかりやすいですが、いつもモフモフのプードルちゃんの足って細いんですね。

P1070312-2.JPG


固定具を止めていたテープのせいで、足の裏側は真っ赤にかぶれていました。
少し痒くなるかもしれないですね。

P1070328-2.JPG


固定具を外したのですっきりと嬉しそうなショコラ。
でも、まだ違和感たっぷりみたいで、少しケンケンをしたり3本脚で歩く姿がみられました。

P1070308-2.JPG


術後3週間。もう一度先生に診察してもらいましたが、術後経過は良好。
筋肉を切ったりした大手術だったので、当然まだ違和感があるはずだとのこと。
今までの自分の足の感覚と違うので、しばらくは3本脚で歩くこともあるかもしれないけれど、徐々に慣れて来たら普通に歩くようになるはずだとのことでした。

トリミングも問題ないとお墨付きをいただいたので、トリミングしてもらってきました。

P1070387-2.JPG


毛もだいぶ生えてきたので、傷口が目立たなくなりました。

P1070388-2.JPG


座り方はまだ少し横座り気味ですが、まだまだ違和感が残っているはずなので徐々に治って来るとのことでした。

P1070404-2.JPG


ご心配をおかけしましたが、無事手術がおわり、経過も良好でホッとしています。
ショコラ、本当によくがんまりました。

現在1か月半が経過。
先週、もう一度お医者様に診ていただきましたが、すべて良好、ドッグランも大丈夫とお墨付きをいただきました。
散歩を少しずつしはじめ、筋肉を歩くことに慣れさせています。
しっかりと4本足で歩いてくれてるので、じきに元気に走る姿も見ることができると思います。

P1070390-2.JPG


今回、3カ所のお医者様にご意見をうかがって、結果、とても信頼のできるお医者様に出会うことができ、ショコラのために手術を選択しました。

診断も様々で、先生それぞれのご意見があるので、自分が納得いくまでお医者様に診ていただくのは大切な事だと感じました。
わんちゃんそれぞれの事情があるので、膝蓋骨脱臼については、皆が手術を選ぶのが必ずしも最良の選択ではないのかもしれませんね。
麻酔のリスクもありますし、手術を選ぶのはとても勇気もいりますよね。
グレードやその子の具合、生活環境を考慮してよく検討されるといいかなと思います。

P1070814-2.JPG


ショコラのケースは一例にすぎませんが、悩んでおられる方の何かの参考になればと思っています。


ショコラの写真をぽちっと応援お願いします♪
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます(*^_^*)♪
メッセージのある方は、お気軽に「拍手コメント」かサイドバーの「メールフォーム」をお使いください。
後ほど訪問&応援させていただきますね。
ブログをお持ちでない方は、次回の記事にてお返事させていただきますね。
いつも嬉しいコメントありがとうございます♪







posted by ショコラ at 00:36 | 東京 ☔ | 膝蓋骨脱臼(パテラ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする